需要がある

焼香する女性

電報とは、メッセージを電報局が送り先へ配達してもらえるサービスの事を言います。
メッセージを送る場合、文字数が多い程、値段も高くなります。
そして、ひらがなよりも漢字の方が1文字ずつの値段が少し高めです。
昔は電話が普及する前の緊急用連絡手段として使われていましたが、今ではおめでたい事や、お悔やみの連絡用に使われる事が多いです。
電報にはギフトをつけて送信する事が出来ます。

例えば、押し花や刺繍、そしてぬいぐるみや花などのギフトもあり、それぞれのオプションで値段も変わってきます。
それらのギフトは、送り先の人が、誕生日、入学、結婚式などのめでたい行事の時にお祝いの気持ちとして電報と同時に贈る事が多いです。
現代、電報の申し込みは、電話やインターネット等を使ってクレジットカードでの支払いにより、予約をする事も可能です。
また、電報は営業所等で窓口からの申し込みも可能です。
送信は当日に送信する事も出来ますが、1ヶ月以上の間を空ける事もできます。
葬式の場合は、デザインも落ち着いていて、ギフトに高級な線香等をギフトとして配達する事が出来るサービスも存在します。
これもお祝い事の時のように、葬式等に参列出来ない方が使うサービスであり、電報を使う事でメッセージが葬式の開始前など間に合う期間内に送られます。
線香はお供えの意味としても使えるので、葬式が終わった後でも送ることが可能です。
また、線香だけとは限らず、花やドライフラワー等の線香以外の物を送っても構いません。

弔問のマナー

祈る女性

電報は、電話が現在のように普及するまでは緊急の連絡手段として使われてきましたが、今では結婚式やお葬式などの冠婚葬祭のほか、さまざまなシチュエーションで、気持ちを伝えるギフトとして使われるようになって来ました。
最近では、言葉に添えてギフトを付けるギフト電報も増えています。

弔電の場合をみてみましょう。
弔電とは、遠方で逝去の知らせを受けたり、都合によりやむをえず通夜や告別式に参列できない時に、ご遺族にお悔やみの気持ちを伝えるための電報です。
宛名は喪主にし、差出人のフルネームを文末に入れます。
喪主の名前が分からなければ、故人の名前を書き「ご遺族様」と書いてもかまいません。
一般的には、個人葬の場合、葬儀や告別式が行われる会場か個人宅に式の開始時間までに送ることがマナーです。

しかし、早すぎると親族不在の場合受け取りができずに、かえって失礼にあたることがありますので、電報を打つ場合は、葬儀や告別式の時間、場所などをきちんと確認して送ることが必要です。
一方、訃報の連絡は、喪中はがきで初めて知る場合もあります。
また、最近では家族葬といって、身内だけでとり行われる葬儀が増えてきました。
その場合、葬儀に行けずお線香も上げられず、お悔やみの言葉を伝えられなかった時、弔慰をお線香という形を添えて送る線香付き電報で相手に想いを伝える方法も増えてきました。
線香をギフトとして付ける電報は、新しい弔慰の伝え方として現代では使われているようです。

個人の利用も多い

祈る男性

冠婚葬祭などの式典や祭典の際、直接会場に出向くことができなかった関係者が送るのが電報であり、電気通信によって相手にメッセージなどを送る手法として古くから日本では一般的に使用されています。
一般的と言っても基本的には冠婚葬祭などに用いられることが多く、企業などの規模の大きい相手が送る場合も多いですが、個人がギフトとして線香などを添えて送ることも多いようです。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

October 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031